知っておきたい不動産活用法 改訂版
ホーム > > 枝毛の原因

枝毛の原因

わたしが行きつけである
南船橋で美容室を探しているならここ
で髪の毛の豆知識を聞いたので教えます。

枝毛は何かしらの事がきっかけで

髪のキューティクルが剥がれ落ち

髪の中の細胞が抜け出て髪に隙間ができてしまっている状態で起きることが多いです。

この状態がひどくなってしまうと切れ毛の状態へと進んでいきます。

枝毛と切れ毛の関係は

切れ毛とはダメージによって髪の途中から切れてしまった毛髪のことです。

髪のダメージが進むと引っ張ると、髪が伸びたり

強い圧がかかると、プチッと切れてしまいます。

切れ毛は枝毛とくらべてみると比較的外部からの原因によってできることが多いです。

ですが、髪の中の細胞がなくなれば洞窟ができて

髪は途中で切れやすくなりまた途中で切れてしまった毛先の部分から枝毛が発生たりと

枝毛と切れ毛はとても近い関係にあります。

カラーリングやパーマなどや環境の変化でできるすき間といい

カラーリングや、パーマをしていれば女性ではほぼしている方が多いかと思います。

カラーやパーマをかけると気持ちも変わり気分も変わりいいですよね。

ですが、そのあとのケアを怠ると

すき間ができ枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

傷んだ髪を洗浄力の強いシャンプーで洗ったり

濡れてキューティクルが開いている時にタオルでゴシゴシ拭いて髪を傷つけてしまうと

キューティクルが開きっぱなしになりそこからどんどんすき間ができます。

また、過度のドライヤーも枝毛の原因になります。

毛髪に強い熱を与えすぎれば

間充物質の中のタンパク質に含まれるアミノ酸がひからびて

毛髪内にすき間ができてしまいます。

適切や、ケアで枝毛、切れ毛がなるべくできないように

毎日の事にはなってしまうんですが根気よくケアしていきたいですね。