知っておきたい不動産活用法 改訂版
ホーム > パニック障害 > パニック障害も原因は脳から?

パニック障害も原因は脳から?

心の病気と捉えられがちのパニック障害。確かに何かしらの心に対する大きなストレスから発生するケースが多いですが、もとをただすとパニック障害になりやすい状態に身体がなっていた可能性があります。それが脳との繋がりが強いという部分ですね。正確に言うと、脳の血行が良くない状態になってしまい、十分な栄養が行き届かなくなったことが、パニック障害の原因になっていることがあるということです。

 

脳との繋がりが強いパニック障害

 

もちろん、脳の血行だけでパニック障害になるわけではありません。しかし、パニック障害になりやすい状態になっているからこそ、大きなストレスに持ちこたえられずパニック障害になるとも言えます。いろいろな角度から原因を探ることが大切ですね。